消費者金融の審査が不安

消費者金融のカードローンなら、好きなタイミングで借入れができるようになります。限度額の範囲内なら、繰返し借入れが可能です。使い道も事業性資金などの特殊な例を除けば自由なので、いざという時に1枚持っておくと心強いです。

 

 

ただし、消費者金融のカードローン申込み時には審査があります。審査に通らなければお金が借りられません。消費者金融の審査について知っておくべき項目は、審査基準、通るコツ、在籍確認の3点です。

 

消費者金融の審査基準

消費者金融が審査を行うのは、その人に返済能力があるかどうかを調べるためです。例えば全く収入のない人にお金を貸しても返済はしてもらえる可能性は低いです。また、すでにたくさん借入れをしていて、返済が滞っているような人にお金を貸してもリスクが高すぎます。そこで、その人にお金を貸しても大丈夫そうかを調べてから融資を行います。

 

消費者金融の審査はそれ程厳しくないと言われています。一般消費者向けに融資を行う消費者金融では、幅広い人達へ融資を行わないと経営が成り立ちません。そのため、大手消費者金融では、正社員はもちろん、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトであっても審査内容によっては融資を行っています。

 

審査ではその人の収入だけでなく、年齢や既婚か未婚か、持ち家か借家か、勤続年数に雇用形態など、様々な項目を参考にして判断します。中でも重要なのは現在までのお金の管理の情報です。

 

過去に他社のカードローンや各種ローン契約での返済遅れや未納があれば、お金の管理がしっかりしていないと判断されてしまいます。

 

これは借り入れを行う消費者金融からの返済に限らず、他サービスでの利用でも同様です。特に大手消費者金融や銀行カードローンほど過去の利用実績は重視されるため、消費者金融だけに限らず銀行カードローンの保証審査を受ける際にも気をつけておきたいものです。

 

消費者金融の審査に通るコツ

審査に通るコツとして、できれば過去の支払い関連に遅れや未納の履歴がないのが理想です。しかし、過去の事実をもみ消すわけにもいきません。これから消費者金融の審査を受けるにあたって、今からでも対策できるコツもあります。

 

まず申込み先ですが、大手の消費者金融、それもできれば1社に絞って申込みを行いましょう。大手消費者金融は審査に通りやすいと言われているので、審査を通すためには選択先として優秀です。

 

1社に絞る理由として、他社も含めて申込みをした時には審査があります。その履歴が信用情報機関という所に履歴として残ってしまうのが問題です。短期間に複数社に申込んでしまうと、その情報が審査に影響を与えてしまいます。

 

特に3社を超えて申込みを行うと、申込みブラックといってどこからも融資してもらえない危険性があります。たくさん受けたい気持ちはありますが、逆に1社に絞らなければなりません。

 

また、申込み時の希望金額は多めに設定しない方が良いでしょう。金額が大きい程審査もまた厳しくなります。収入に見合った借入額かどうかは、カードローン審査では重要視されています。

 

契約前の在籍確認とは

カードローンの審査内容で問題がないと判断されれば、在籍確認が行われます。在籍確認とは、その人が申告した職場に勤めているかどうかを調べるための確認です。主に職場への電話の形で行われます。

 

在籍確認が行われるのは、ある程度融資ができそうと判断できてからです。そのため、最終審査のような立ち位置とも見て取れます。

 

消費者金融の職員が、勤め先へ直接電話をかけます。そこで、その人が電話に出られるか聞くなどして、勤め先の申告に嘘がないかを確認します。

 

在籍確認の電話は、本人が電話に出られれば特に問題はないでしょう。そうでなく、会社に不在、役職的に出られないなどの状況であっても、在籍確認は取れます。勤め先の電話に出た人が、今は席をはずしている、今日はお休みを頂いている、などと伝えれば、申告した職場に在籍しているのは間違いないと判断できるからです。

 

在籍確認が終わらないと契約ができず、ネット申し込み後の仮審査に通っているとしても借り入れまで行えません。スピーディな借り入れができると評判のプロミス大阪の契約機を利用するとしても在籍確認が終わらないと早い借り入れもできないために注意が必要です。